寒さ目論みには、真下をあたためることがお勧め!

「頭寒足熱」ということばがあるように、足もとをあたためるといった血行がよくなるといわれています。例えば、就寝時にアンカを使うときは、足もとに捨て置くことがポイントです。そのとき、足を伸ばした状態で、足に自ら触れない差異に捨て置くことも大切です。

また、入浴が苦しい患者さんの場合、足湯をする手段があります。大き目の洗面器にお湯を張り、15〜20分け前ほど足を閉じ込めるだけです。お湯の気温は38〜40たびぐらいですが、冷めてきたときの「さし湯」につき、最初から多彩入れないことも大切です。

こちらの手段だと、ベッドの上で寝た状態もできるため、患者さんの身体への気掛かりも大幅に分散が可能です。

最近は、暖房ツールにも各種人物があり、足湯をでっちあげるようなものも人気になっています。こちらは、電気印をコンセントにつなぐだけで、お湯のセットアップも取り除ける結果、もっと手軽・便利です。

なお、「温泉要所」の時折、気軽に「足湯」が楽しめる業者もありますので、お出かけのときは、調べておくことをお勧めします。介護、福祉に欠かせないケアマネージャーの資格を取ると、どんな仕事ができる?